オススメリンク

日本発、ドリフトの世界的発展

ドリフトというものをご存知でしょうか。 簡単に言えば車を滑らせて走行し、そのテクニックを見せるものです。 ドリフト走行というと、夜の峠道や工業団地、埠頭などで若者が爆音の車を乗り回している迷惑行為というイメージが強いかもしれません。 しかし近年では、サーキットでのドリフト走行が主流になっており、賞金大会やプロとして活動している人もいるようになっています。 モータースポーツの一種として国際的にも認められつつあります。 ドリフト走行に使われる車種は、主にFRという後輪駆動の物が多いです。 特に好まれているのは、日産シルビア、180SX、トヨタ86、マークⅡなど。 FF車でもドリフト走行は可能ですが、後輪駆動者のように車を滑らせる時間を長く保つことが難しいとされています。 かといってFR車ならばすぐにドリフト出来るのかというとなかなかそういうわけにもいかず、それなりの改造をしなくてはなりません。 最近では海外でもこの日本のドリフト界が注目され、多くの海外のファンが日本に訪れてサーキットでのドリフト走行を見学するツアーが開催されています。 海外での日本人のドリフトのプロによるパフォーマンスショーも行われており、日本発祥のモータースポーツが一大ムーブメントを起こしつつあります。

今のランク以下の車には乗れない

私は現在アウディA4アバントに乗っています。 新車購入して3年経ち、少し前に車検を受けたところです。 一度このクラスの車に乗ってしまうともうダメですね。 A4以下のランクの車には乗れません。 車検の際アウディのA3が代車でした。 しばらく車検でA4をあずけていたので、1週間ちょっとA3に乗っていましたが、ちょっと古いのもありますが、やはりA4よりランクが下の車なので、同じアウディの車種でも全く違います。 2.0タイプの車が代車だったので加速は良かったんですが、エンジンのかけ方も、ずっしりしっかりした感じも全く違いました。 今のA3はそんなことはないかもしれませんが、それでもエンジンのかけ方などは異なります。 夫も代車のA3を何度か運転して、やっぱりA4がいいなー、A3に乗っていると安っぽく思えると言っていました。 そして、車検が終了し、車を引き取りに行き、A4に夫婦で乗った瞬間、あー、やっぱりA4だねと二人で話していたほどです。 ディーラーで待ち時間が結構あったので、展示してあるA3と新しく発売になったA3セダンとA4をそれぞれに見ていましたが、パッと見比べただけでもやっぱりA4が良いです。 見た目はA3も私は好きですが、やっぱり100万円以上価格が違うので、実際乗ってみたりすると違いが大きく出てきます。 実物を見る前にアウディから来たカタログを見てA3セダンがカッコイイと言っていた夫も、実際隣同士で並べられているA3セダンとA4セダンを見比べて、A3セダンはないなと言っていたほどです。 やはり今A4に乗っているとそれ以上のランクはあっても、それ以下のランクは購入しようとは思えないですね。 どれも魅力的ではあるんですが、一度そこそこのランクの車に乗るとどこのメーカーでも言えることですが、それ以下は乗れません。

車はいつになったら空を飛ぶのだろうか?

3億円の宝くじが当たったらどんな車を買おうかなと悩んだりする。具体的にはフェラーリと軽四のどちらを買おうかと迷っているのだけれども、時速300kmで走る1台1億円のフェラーリを買ったところで空を飛べる… Read more